今、通販で話題の人気商品を特選して、紹介するサイトです。(*^_^*)

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイ,ロボット 特別編
B0002K722Wウィル・スミス アレックス・プロヤス ブリジット・モイナハン

おすすめ平均
starsこんな内容の映画にアシモフの名前を使わないで
starsウィルスミスも良いし、良く出来てはいるけど 
stars人件費が高い日本ではロボットを雇うようになる ?
stars正統派近未来SFアクション!!!
starsこれはヒューマンドラマだ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Amazon.co.jp
ロボットが社会の一部となりつつある2035年を舞台にしたSFアクション。「人間に危害を加えてはいけない」などロボット3原則を守っていた家庭用ロボットが、殺人事件の容疑者となる。“ロボット嫌い”の刑事と、人間に近い感情を持つ最新ロボット「サニー」の攻防とともに、ロボット開発会社にうごめく陰謀や、進化したロボットの恐怖が明らかになっていく。原案となったのは、SF小説の巨匠アイザック・アシモフの「われはロボット」。
ボディは半透明で、人間に近い表情も見せるロボットは、これまでの映画にはなかった斬新なデザイン。ロボットたちが犬の散歩や宅配便で当然のように行き来する都市をはじめ、さまざまなハイテク・グッズもそろった近未来社会が、リアルな映像で目の前に広がる。主人公の刑事がアナログ志向というのも、ドラマに奥行きを加味。演じるウィル・スミスは、刑事の内面だけでなく、大量のロボット軍団を相手にした激しいバトルもいきいきと演じている。アクション場面の迫力もさることながら、人間と機械の関係にフォーカスしたテーマが全体をしっかりと支え、ラストは哲学的な香りさえ漂う。完成度の高いSF作品になった。(斉藤博昭)

内容紹介
3時間40分におよぶ貴重なプレミア映像満載の2枚組。
※限定品につき、数に限りがございますので、ご注文はお早めに。
※通常版、"サニー" ヘッド付 コレクターズBOXも同時発売!
【収録内容】
《Disc: 1》
●本編
●音声解説:1(監督:アレックス・プロヤス、脚本:アキヴァ・ゴールズマン)
●音声解説:2(プロダクション・デザイナー、特殊効果チーム、編集、撮影監督)
●音声解説:3(音楽指揮:マルコ・ベルトラミ)
●メイキング・オブ・「アイ, ロボット」
●スティル・ギャラリー(30枚)
●FOX最新情報
《Disc: 2》
●「アイ, ロボット」撮影記録
(1. スプーナービル:2035年のシカゴ / 2. USR社 / 3. パン屑を追って / 4. トンネルでのカーチェイス
5. 1対1 / 6. サニーと他のロボットたち / 7. 人間対ロボット / 8. 最後の攻防 / 9. エピローグ)
●CGIとデザイン
●知覚力を持った機械:ロボットの行動
●ロボット3原則:SFとロボットについて
●フィルムメーカー・ツールボックス
●VFX解析:工房別アプローチ / デジタル・ドメイン / Weta / レインメーカー
●未公開シーン集(もう1つのエンディング含む)
《監督》 アレックス・プロヤス
《原作》 アイザック・アシモフ 「われはロボット」
《原案》 ジェフ・ヴィンター
《脚本》 アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ヴィンター
《出演》 ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、チー・マクブライド、アラン・テュディック、ジェームズ・クロムウェル


内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
ウィル・スミス主演による最新近未来SFアクションの2枚組特別版。特製のメタリックスリーブ仕様他、未公開シーン集やメイキング、音声解説など、3時間40分におよぶ豪華特典映像付き。


内容(「Oricon」データベースより)
SF作家アイザック・アシモフが作中で考え出した“ロボット3原則”をモチーフに、感情を持ってしまったロボットの姿を描いた近未来SFアクション。出演はウィル・スミス、ブリジット・モイナハンほか。
スポンサーサイト
トラックバック:関連記事のTBは、OKです。それとこちらからのTBに対してのTBは、もちろん!大歓迎!です。o(^^o)(o^^)o関連性のない!!その他のTBは、削除致します。m(_ _)m
この記事のトラックバックURL
http://7104.blog18.fc2.com/tb.php/14-8a6fabdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ロボットが社会の一部となりつつある2035年を舞台にしたSFアクション。「人間に危害を加えてはいけない」などロボット3原則を守っていた家庭用ロボットが、殺人事件の容疑者となる。“ロボット嫌い”の刑事と、人間に近い感情を持つ最新ロボット「サニー」の攻防とともに
2006/12/01(金) 22:12:28 | 1-kakaku.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。